オンラインカジノの法律面を徹底チェック!

海外のサーバーで遊ぶなら日本の賭博罪は適用されない

オンラインカジノを遊ぶとき、法律面を徹底的にチェックしておくと安心です。
一番気になるのは、日本ではカジノが違法なのでオンラインでも遊んだら逮捕されないのかという部分だと思われます。

カジノ法案が可決されましたが、まだ施行はされていない状態です。
そのため、日本ではまだカジノは違法な状態にあります。

また、カジノ法案が可決されたからといって自由にカジノが営業できるようになるわけでもないことには注意です。
国から許可された会社だけが営業でき、全国で5か所くらいにしか設置されないと言われています。

日本ではまだ違法な状態ですが、海外のサーバーで遊ぶなら日本の賭博罪は適用されません。
なぜなら、サーバーとはインターネットにおける住所のようなものなので、サーバーが国外にあるなら日本の法律の適用外だからです。

知名度が高い有名なカジノを選んでおくのが無難

サーバーがある国の法律が適用されます。
ここで注意が必要なのですが、海外ならどこでも安心というわけではありません。

さすがに海外の法律まで全部チェックしていたら時間がいくらあっても足りないので、知名度が高い有名なカジノを選んでおくのが無難です。
イギリスやジブラルタルなどはライセンス制となっており、特に信頼度が高いようです。

ライセンス制となっている国では、国や政府が発行したライセンスがないとカジノを営業できないようになっています。
逆に言えば、ジブラルタル政府などが発行したライセンスを持って営業しているカジノは信頼できるということです。

最も有名なオンラインカジノのうちの1つであるベラジョンカジノならマルタ政府が発行したライセンスを持っています。

過去の逮捕例について

このように、海外のサーバーで遊ぶ分には日本の賭博罪は適用されないのですが、過去には逮捕例も出ています。
日本に居ながら海外のサーバーでカジノをプレイして逮捕されたという事件は、過去に数件起きていますね。

しかしいずれも、逮捕はされたものの裁判では無罪となりました。
無罪ということは、全く罪がないということです。

「逮捕=有罪」というイメージがありますが、実は逮捕されただけでは罪が確定したわけではないのです。
警察の誤認逮捕というケースもあります。

なので、結局のところ海外のカジノで遊んで有罪となったケースはないのですが、逮捕されるだけでも避けたいですよね。
逮捕されたら時間も奪われますし、精神的にもダメージを受けるでしょう。

大金を使いさえしなければ警察も目をつけない?

過去の逮捕例を参考にすると、「1,000万円程度の大金を使った」「日本人をターゲットにしたサイトだった」「ディーラーの女性が日本人だった」のすべてを満たしています。

逆に言えば、この条件すべてを満たしていなければ逮捕される可能性はかなり低いということです。
基本的には大金を使いさえしなければ警察も目をつけないでしょう。

警察も暇ではないので、数万円程度の少額を使って海外のカジノを遊んでいる人を調査するようなことは基本的にしません。
大金を使うと目をつけられる可能性が高くなるので、気を付けておきましょう。
とはいっても、裁判の結果無罪となっていますので、海外のカジノを遊ぶことはどちらにしても罪ではありません。

利益を出したら確定申告をする必要がある

もう1つ注意が必要なのは、海外のカジノを遊ぶこと自体は違法ではありませんが、利益を出したら確定申告をしなければいけないということです。
確定申告を忘れていたら税務署に調査されて、脱税の罪に問われる可能性があります。

まとめると、海外の安全かつ信頼できるサイトで遊ぶようにしておくことが1つのポイントです。
さらに、日本人向けのサイトで大金を使うと罪にはならないものの警察から目をつけられる可能性があるということです。

最後に、確定申告はしっかりとしましょう。